私たちはアジアの女性と子どもの権利を守るため
   主に教育支援を中心に活動しているグループです。


図書館建設プロジェクト

バンメーランカムスクールの図書館が完成しました。

窓ガラスも入り間もなく完成です
チェンマイ県のバンメーランカムスクールの図書館が完成しました。 3月1日には、建設費をご寄付下さった竹田様ご夫妻とマリ代表が参加し落成式が実施されます。 1998年にバンメーランカムスクールの校舎が完成してから20年が経ちます。この間ここの学校で学んだ子どもたちの中にはすでに親となって自分の子どもをまたここで学ばせている人もいます。この学校の教員となって子どもたちを教え、導いている人もいます。 20年の間に施設は少しずつ良くなってきましたし、教育を受けた子どもたちが親になった事で、村人の子どもの教育への理解もかなり進んできました。しかし、依然として村の経済的な状況や山岳民族を取り巻く環境には課題が多いことを感じます。 20年前には電気の通っている家はほとんどありませんでしたが、今はどこの家庭にも電気が通っています。テレビやラジオなどの電化製品や携帯電話などもどこの家庭にもあるようになりました。 より多くの情報が得られるようになったことで、これまでの自給自足の生活だけでは足りないものも多くなり、出稼ぎが当たり前のようになっています。 今も自分たちで育てた野菜や山で採れたものを使い囲炉裏で食事の支度をし、民族の誇りである衣装を手織りで作り、文化を大切に生きている人たちですが、急速な近代化の波はその生活を脅かすような勢いで近づいています。
そのような環境であるからこそ、一層子どもの教育は重要ではないかと思います。新築の図書館が子どもたちの学力向上と共に、多くの本に触れることで視野を広げていくことができる場となることを願っています。

イベントのお知らせ

国際女性デー2017
~つながる輪 ひろがる和~

3月8日は、国連が定めた「国際女性デー」です。
この日を記念して「国際女性デー2017~つながる輪 ひろがる和~」が国連ウィメン日本協会よこはまにより開催されます。
 
2011年の東日本大震災を機に活動を開始された2人の女性のトーク「災害と女性ー復興から未来を拓くー」をお聞きすることができます。
AWCは第2部の交流会でタイの手工芸品を販売します

日時:3月5日(日)13:00~16:00
 会場:アートフォーラムあざみ野
 (男女共同参画センター横浜北)レクチャールーム
 参加費:無料

 

朗読と歌・写真で綴る「あの日のこと」

2月4日(土)東京のYMCAアジア青少年センターにて、朗読と歌、写真で綴る「あの日のこと」が行われました。

朗読と歌:こだま愛 演奏:吉崎叶都子 冨成倫子 東日本大震災からもうすぐ6年が経ちます。震災当時の写真と共に、こだま愛さんがあの震災の日から現在までの被災地の方々の心情を朗読をし、歌ってくださいました。音楽と朗読は心にしみ、第2部で行われたトークでは被災地の子どもたちの現状を知ることができました。
イベントを通して被災地の方々に思いをはせるとともに、今後も復興支援を続けていくことの大切さを痛感しました。ご来場くださいました皆さまに心から御礼を申し上げます。


図書館建設事業

バンメーランカムスクールの図書館は完成間近です。すでに屋根ができ、壁のペンキも塗りました。女子用、男子用のトイレも併設され、床のタイルも完成したと報告を受けています。 1月末には完成のという報告で、子どもたちはとても楽しみにその日を待っているそうです。 

     



・書き損じはがきで給食支援にご協力ください。

「おなかいっぱいプロジェクト」では、ご寄付いただいた書き損じはがきでチェンマイのストリートチルドレン保護施設の子どもたちの給食食材費として支援を続けています。
書き損じはがき2枚で、3食分の給食食材費になります。ぜひ、ご自宅で眠っている書き損じはがきや未使用の切手がありましたら、AWC事務局までお送り下さい。


・アジアの女性と子どもネットワークではボランティアさんを大募集中です。

  ボランティアさん募集中です。短時間でも構いませんので、是非事務局まで
  ご連絡下さい。

AWCでは、毎月第3木曜日13:30~17:00にAWC事務局でボランティアデーを実施しています。現地の最新情報や活動の話をしながら作業をしています。皆さまの参加をお待ちしています。


皆様のご協力に心より感謝申し上げます。

 2013年に全国で摘発した児童ポルノ事件は1644件で昨年より48件増え過去最多であったと
警察庁が発表しました。未就学児を含む小学生以下の被害者も増加しています。
児童ポルノはいつまでも続く児童虐待です。一度でも流通してしまうと被害が半永久的に続き、被害児童は一生にわたって苦しめられます。児童ポルノ根絶のためには「所持そのものの禁止」が世界的潮流であり、現在G8諸国の中で単純所持を禁止していないのは日本とロシアだけです。「単純所持禁止」の法改正なくして児童ポルノによる子どもの被害を減らし、根絶させることはできません。
AWCでは、2013年通常国会に提出された児童買春・児童ポルノ禁止改正法案を、今国会において、一刻も早く審議し、成立されるように請願書を提出するために署名活動を展開しました。 今回の法改正成立に関し、皆様のご協力に心より感謝申し上げます。

平成26年6月18日、児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律が成立し、同月25日に公布され,同年7月15日から施行されました。


東日本大震災支援


AWCでは、東日本大震災の支援事業として、2011年以来、陸前高田市の子育て支援施設「きらしんきっず」を応援しています。この12月初めにも、この施設にウォーターサーバーの水を送りました。 被災したこの町で子育て中の方々から、安心して小さな子どもにも飲ませられると喜ばれています。暑い夏には親子ともに冷たい水が大人気で、温かいお湯は子どものミルク作りには欠かせないとのことです。

News Letter

2017.2.10
事務局だより2017年2月号をアップしました。こちらから
2017.1.20
事務局だより2017年1月号をアップしました。 こちらから
2016.12.20
事務局だより2016年11.12月号をアップしました。 こちらから
2016.10.20
事務局だより2016年10月号をアップしました。こちらから
2016.7
事務局だより2016年7・8月号をアップしました。こちらから
2015.5.8
事務局だより2015年5・6月号をアップしました。こちらから
2015.5.8
事務局だより2015年4月号をアップしました。こちらから
2015.4.9
事務局だより2015年2・3月号をアップしました。こちらから
2015.2.2
務局だより2015年1月号をアップしました。こちらから

AWCの新しい商品紹介

リス族の刺繍のリボンを使ったAWCオリジナルのトートバッグが出来ました。
バッグの色は、白、赤、ピンク、紺(すべてマチあり)、サイズは、中(たて31×よこ34㎝)、大(たて32×よこ47.5㎝)です。生地もしっかりとしていて、使いやすい大きさです。秋のイベント会場で販売をします。
是非ご来場の上、実物を手に取ってご覧ください。

これからの「手づくりCafé」の予定は決まり次第お知らせいたします。


2012年2月より偶数月のボランティアデーでは、 手づくりCaféを実施しています。 今までに実施したキットは(カレンシルバー、 マカロンストラップ)現在も販売中です。

緊急募金報告

AWCでは、3月の震災直後から東日本大震災・巨大
津波被災地支援のための募金を集めてまいりました。皆様のご協力で8月末までに35万円を超える募金をお寄せいただきました。 ご協力くださった皆様に心より感謝申し上げます。 お預かりいたしました募金は、岩手県陸前高田市の子育て支援施設 「おやこのひろば きらりんきっず」の支援に使わせていただくことにし、6月末に送金いた
しました。LinkIcon募金報告

東北関東大震災募金のお願い

東日本大震災・大津波で被災をされましたみなさま心よりお見舞い申し上げます。

AWCでは2008年にAIDS孤児絵画展&バザーを開催し、ご協力いただきました陸前高田市の一日も早い復興を願い引き続き募金を集めています。 どうかみなさま、ご協力いただけますようお願い申し上げます。 詳細はこちらからLinkIcon

JICA WORLD6月号掲載されました。

詳細はこちらから

STAFFブログができました。

AWCのスタッフが現地からの報告やニュースをブログでお知らせするコーナーです。

JICA基金の助成を受けて
幼稚園舎が完成しました。

ウボンラチャターニー郡チョンメックにあるバーン・ヒン・スーン・スクールに
幼稚園舎が完成しました。
この事業は、JICA基金の助成を受けて実現しました。



『東北関東大震災なんとかしなきゃ!
プロジェクト見過ごせない-55億人』に登録しました。







小冊子ができました。

クリックしてください。